2012年1月28日

RFM12Bのアンテナを考える

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

前記事でさらりと流していましたが、RFM12Bにアンテナを付けてテストしてみました。

今回は1/4波長モノポールを考える。
このモジュールは434MHzなので、(300/434)/4 = 0.17281106 m、およそ172mmになる。
これをセンサー側とデータ収集側の双方に172mmのアンテナ(ビニール線)を付けてテスト。

先生のご協力の下、学校のグラウンドで歩数を元に大雑把に調べてみると... 50m〜100mくらい飛ぶので前の記事で触れたとおり、電波法的にマズイ。
逆に、アンテナを付けない状態だと1m〜2mくらいが限界なので、アンテナの有無でこれだけの差が出る事にビックリ。

というわけで、アンテナの長さを調節 or アンテナを付けないという処置で調整する必要があるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Recent Photos from Atelier (Flickr)

作業場で撮影した写真をアップロードしています。記事にする前の試作なども公開中です。